社長挨拶・企業理念

取締役社長 笠正憲

代表取締役社長
笠 正憲

次世代を視野に入れた飽くなき挑戦。

国際化、既存技術の陳腐化と革新とめまぐるしく変わる情勢の中で、今、当社も新しい時代に対応するべく、生まれ変わろうとしています。最新鋭設備機器の導入と人材の育成、そして新技術の開発、新分野の開拓と急ピッチで進めております。
しかし、いかに世の中が変わろうと、製造業としての「モノ造りの心」を忘れてはならないと考えております。伝統の中で培われた職人気質と先端技術が一体となった企業を理想とし、社員全員が一丸となって邁進してまいります。


独創。

歴史はこの一台から始まった

革新。

スクラップアンドビルドを繰りかえす


当社は1927年、水野式自動三輪車を発表し産声をあげました。
自動車関連部品の製造を主力に、微力ながら今日の自動車産業の名声を陰で支える一員として、貢献することが出来たと自負しています。

創業当初より常に創造性を追求し、画期的な工法を取り入れてまいりました。またあらゆる加工法に対応できる体制を整えて量産品から少量品に至るまで小物精密部品の先進メーカーとして、お客様から厚い信頼を頂いてまいりました。
今後さらに「独創」のテーマの深化をはかり、自動車産業のみならず、より多くの企業のパートナーとしてお役に立っていきたいと考えています。
 
水野式自動三輪車で培われた技術は現在まで脈々と受け継がれ、エンジン・トラスミッション・ステアリングなど自動車の心臓部を構成する高機能高精度部品を製造する精密加工技術へと進化しました。

常に、従来の工法を否定することから始め、「現状維持は後退」の思いから、新技術・新工法へ取組み、大幅品質改良とコストダウンに取り組んでまいりました。

お客様のご要望にお応えするだけでなく、「おっ!こんなふうにできるのか!」の驚きの声を聞かせていただくことを目指してチャレンジをつづけてまいります。
こんなMIZUNOにご期待ください。
 


経営理念


鍛錬・切磋琢磨し、お客様の喜びを追及することを通して、自ら働く喜びを得るとともに、
社会の進歩発展に貢献する。


鍛錬:体力・精神力・能力などを鍛えて強くする
切磋:学問・技芸などに励み、それによって人格を磨く 
琢磨:修行して学問・技芸・精神などを向上させる