製品情報

一覧
  • 製品情報一覧

    冷間鍛造・切削・研磨の各々の加工特性を充分に引き出し、また各工程を最適に組み合わせることにより、...

  • トランスミッション部品

    高品質、短納期、低コストをモットーにスピーディーな対応 スプールバルブ オートマチックトランスミッ...

  • ステアリング部品

    快適・安全運転をサポートするステアリングパーツ ステアリング部品 パワーステアリングの構成部品です...

  • エンジン部品

    厳しい条件だからこそ、技術が光るエンジン部品 ロックバルブスプリングリテーナ(コッタ) バルブステム...

  • その他の部品

    新機構ユニットに搭載される部品にも挑戦 その他の自動車部品 HV車搭載部品 直噴ポンプ搭載部品 電動オ...



水野式自動三輪車開発の歴史に息づく独創と革新の精神

~大正:独創的技術は農機具開発から始まった  ~大正:独創的技術は農機具開発から始まった 大正12 年創業者である水野忠一は兄水野忠六と協同して農機具工場を設立し、足踏式脱穀機や手押し式除草機などの製作を開始しました。大正13、14 年頃に念願の水野式内燃機の開発に成功し、この水野式内燃機を自家考案の運搬車に備え付け当時としては珍しいFF 方式を採用した試作車を完成させました。これを水野式自動三輪車として特許商標登録し、大々的に発売しました。
大正12 年創業者である水野忠一は兄水野忠六と協同して農機具工場を設立し、足踏式脱穀機や手押し式除草機などの製作を開始しました。

大正13、14 年頃に念願の水野式内燃機の開発に成功し、この水野式内燃機を自家考案の運搬車に備え付け当時としては珍しいFF 方式を採用した試作車を完成させました。

これを水野式自動三輪車として特許商標登録し、大々的に発売しました。

~昭和初期:自動車メーカーとしての地位確立 ~昭和初期:自動車メーカーとしての地位確立 昭和初期には販売台数が多くなり、既設工場では手狭になったため、次々に工場を新設しました。昭和13、14 年頃には名古屋第三師団司令部より演習用の小型装甲車の発注を受け、3 台製作して納入しています。
昭和初期には販売台数が多くなり、既設工場では手狭になったため、次々に工場を新設しました。
ピーク時には年間362 台を生産し、シェアは9位/16 社という記録が残っています。
(昭和12 年)
(この時のモデルが愛知県の長久手にあるトヨタ博物館に展示されています。)

昭和13、14 年頃には名古屋第三師団司令部より演習用の小型装甲車の発注を受け、3 台製作して納入しています。

~昭和15年:戦争で時局が緊迫。最終モデルを発表 ~昭和15年:戦争で時局が緊迫。最終モデルを発表 昭和15 年 時局の緊迫化のため、水野式自動三輪車の製造は幕を閉じました。単気筒エンジンから始まった水野式自動三輪車は最終モデルでは水平対向2 気筒エンジンへと進化し前進3 段、後進1 段の変速機と組み合わされて、悪路に強い「自動運搬車」として活躍したと伝えられています。この水平対向2 気筒モデルは映画「大脱走」でスティーブ・マックイーンが演じる米軍パイロットがドイツ軍のバイクを奪って逃走を繰り広げるシーンで使われたBMW 社のR5 というバイクの空冷4サイクル水平対向2気筒OHVエンジンをモデルに設計されています。創業者水野忠一は無類のドイツ好きで、このBMW をはじめ、後の切削加工の主力設備となるシュッテ社の6 軸自動盤をいち早く導入しています。(この昭和15 年式のモデルとBMW 社のR5 が当社に展示されています。)
昭和15 年 時局の緊迫化のため、水野式自動三輪車の製造は幕を閉じました。
単気筒エンジンから始まった水野式自動三輪車は最終モデルでは水平対向2 気筒エンジンへと進化し前進3 段、後進1 段の変速機と組み合わされて、悪路に強い「自動運搬車」として活躍したと伝えられています。

この水平対向2 気筒モデルは映画「大脱走」でスティーブ・マックイーンが演じる米軍パイロットがドイツ軍のバイクを奪って逃走を繰り広げるシーンで使われたBMW 社のR5 というバイクの空冷4サイクル水平対向2気筒OHVエンジンをモデルに設計されています。
創業者水野忠一は無類のドイツ好きで、このBMW をはじめ、後の切削加工の主力設備となるシュッテ社の6 軸自動盤をいち早く導入しています。
(この昭和15 年式のモデルとBMW 社のR5 が当社に展示されています。)

~現在:培った技術力と開発精神が最高の精密部品に  ~現在:培った技術力と開発精神が最高の精密部品に 先進のカーテクノロジーを支える水野鉄工所の精密加工技術、自動車の動力には欠かすことのできないエンジン、ミッション部品の製造には、品質はもちろん安定して量産をする技術力が求められています。冷間鍛造、切削、研磨を独創的且つ効率的に組み合わせ、お客様のニーズに合った“技術”を提供します。我々、水野鉄工所は水野式自動三輪車で培った斬新で独創的な精神を引き継いでいます。
先進のカーテクノロジーを支える水野鉄工所の精密加工技術、自動車の動力には欠かすことのできないエンジン、ミッション部品の製造には、品質はもちろん安定して量産をする技術力が求められています。

冷間鍛造、切削、研磨を独創的且つ効率的に組み合わせ、お客様のニーズに合った“技術”を提供します。

我々、水野鉄工所は水野式自動三輪車で培った斬新で独創的な精神を引き継いでいます。


環境・品質方針

   ISO14001登録書
平成23年11月 取得 平成14年12月 取得 平成15年2月 取得

環境方針
基本理念
当社は、自動車用金属部品加工(冷間鍛造、切削、研磨)を行っている専門メーカーである。
当社の全ての事業活動が地域及び地球環境に与える影響を十分に認識し、環境保全活動を積極的かつ継続的に推進する。
 
環境方針
1. 当社の事業活動に関わる環境影響を把握するとともに、地球環境保全を目的に、次の項目を重点テーマとして継続的改善及び環境汚染の予防に取り組む。
1)省資源・省エネルギー
2)廃棄物の削減
3)環境負荷物質の削減・管理

2. 関連する環境法規及びその他の要求事項を遵守する。

3. 環境目的及び環境目標を設定し、環境管理活動を推進するとともに、定期的見なおしを実施する。

4. 環境方針を全従業員及び関連する全ての要員に周知徹底し、社外にも公表する。

5. 地域社会との共生を図り、環境保全に貢献する。
 


我が社の環境活動


品質方針
基本理念
当社は、安定的品質の確保・向上により、CS(お客様満足度)を追求する事を通して、
ES(社員満足度)を高め、社会の進歩発展へ貢献する。
 
品質方針
従業員一人一人が高い品質への意識と真心を込めてお客様に満足して頂けるものづくりを提供する為、
下記、品質方針と共に次のスローガンを掲げる。

品質不具合0をめざして

決めた事をきっちり守る!

やるべき事をきっちりやる!

1. お客様要求を完全実施する。
①品質目標を達成する。
②再発不具合を絶対に発生させない。

2. 重品問題を絶対に発生させない企業風土と仕組みをつくり上げる。

3. 工程内不具合を低減する。

4. 人材育成を進め、仕事の質を高める。
 



Information

2017年
2017年10月28日 おかげさまで90周年を迎えました。

今後も水野鉄工所をよろしくお願い致します。
 2017年3月6日 2017年5月24日(水)~26日(金)までパシフィコ横浜で開催されます
人とくるまのテクノロジー展2017 横浜、
2017年6月28日(水)~30日(金)までポートメッセなごやで開催されます
人とくるまのテクノロジー展2017 名古屋
に出展致します。
みなさまのご来場を心よりお待ちしています。

  
 2017年3月2日 日野自動車より
平成28年度品質管理優良賞を受賞しました。
 2017年2月24日  トヨタ自動車株式会社より
平成28年度品質管理優秀賞を受賞しました。

通算11度目の受賞。
 2017年2月7日 トヨタ関連部品健康保険組合より健康評価表彰にて『健康優良賞(危険因子削減)』を受賞しました。
2016年
2016年3月28日 2016年5月25日(水)~27日(金)までパシフィコ横浜で開催されます
人とくるまのテクノロジー展2016 横浜、
2016年6月29日(水)~7月1日(金)までポートメッセなごやで開催されます
人とくるまのテクノロジー展2016 名古屋
に出展致します。
みなさまのご来場を心よりお待ちしています。

  
2016年2月26日 トヨタ自動車株式会社より
平成27年度品質管理優秀賞を受賞しました。

通算10度目の受賞。
2016年2月4日 トヨタ関連部品健康保険組合より健康評価表彰にて『健康改善賞』を受賞しました。
2016年2月4日 採用情報を更新しました。
2015年
2015年5月26日 人とくるまのテクノロジー展2015に出展しました。
たくさんの方々にご来場いただきました。
ありがとうございました。

  
2015年3月31日 2015年5月20日(水)~22日(金)までパシフィコ横浜で開催されます、
人とくるまのテクノロジー展2015に出展致します。
みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

2014年
2014年12月23日 会社紹介ムービーダイジェスト版を公開しました。
2014年11月14日 本社工場、桑名工場にてISO/TS16949、ISO9001の更新審査を受け、
認証登録が更新されました。
2014年5月28日 人とくるまのテクノロジー展2014に出展しました。
たくさんの方々にご来場いただきました。
ありがとうございました。

   

技術者を応援する情報サイト【日経テクノロジーオンライン】に
弊社の記事が掲載されました。

 
2014年4月7日 2014年5月21日(水)~23日(金)までパシフィコ横浜で開催されます、
人とくるまのテクノロジー展2014に出展致します。
みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

人とくるまのテクノロジー展2014
 
2014年2月28日 トヨタ自動車株式会社より
特別賞 5年連続品質管理優秀賞を受賞しました。

5年連続 通算9度目。 

   
 
2013年
2013年6月13日 Englishページを追加しました。
2013年4月24日 2013年5月22日(水)~24日(金)までパシフィコ横浜で開催されます、
人とくるまのテクノロジー展2013に出展致します。
みなさまのご来場を心よりお待ちしております。


 
2012年
2012年11月27日 水野鉄工所へのアクセス情報を追加しました。
2012年11月22日 本社工場に続き、桑名工場もISO/TS16949,ISO9001の認証を取得しました。
2012年4月27日 人とくるまのテクノロジー展2012に出展いたいます。
みなさまのご来場をお待ちしています。

2012年4月20日 日立オートモティブシステムズ株式会社より
平成23年度品質優良賞を受賞しました。

初受賞。 
2012年4月5日 ダイハツ工業株式会社より
平成23年度品質優秀賞を受賞しました。 
2012年3月1日 日野自動車株式会社より
平成23年度品質管理優秀賞を受賞しました。

2年連続。 
2012年2月25日 トヨタ自動車株式会社より
平成23年度品質管理優秀賞を受賞しました。

3年連続 通算7度目。 
 2011年
2011年11月18日 ISO/TS16949の認証を取得しました。(本社工場)
2011年7月4日 ENGヘッド単体モータリング試験機、スプールバルブストローキング耐久試験機を
導入し、当社提案製品の機能評価が可能になりました。
2011年5月23日 人とくるまのテクノロジー展2011に出展致しました。
たくさんの方々にご来場いただきました。
ありがとうございました。

自動車情報サイト【Response】に弊社の記事が掲載されました。
レスポンス自動車ニュース(Response.jp)
2011年5月18日~20日 人とくるまのテクノロジー展2011に出展致します。
皆様のご来場お待ちしております。

2010年
2010年6月18日 【Motor Fan illustrated vol.45】に掲載されました。

    
2010年5月24日 人とくるまのテクノロジー展2010に出展致しました。
たくさんのご来場ありがとうございました。
2009年
2009年12月22日 ホームページリニューアルしました!


Cold Forging

Headers / Forging machines
 
 
Basic features
Capability 300t for Headers,300t for Forgings
Max.Cut off Dia. φ32mm for Headers,φ27mm for Forgings
Max.K.O. Length 70mm for Headers,120mm for Forgings
Layers 1 die 2 blow for Headers,5 die for Forgings
Basic accuracy
Outer dia.  0.02mm
Length 0.1mm
nner dia. 0.02mm
Coaxial tolerance 0.1mm
The number of possession Header 5 sets   Former 40 sets


Cold forging
 
Basic features 
Capability 100t~630t
Max. dia.  φ75mm
Max. length 60mm
Layers 1-3
Basic accuracy
Outer dia 0.05mm
Inner dia 0.05mm
Length 0.1mm
Coaxial tolerance 0.1mm
The number of possession 47 sets

Multi-slide machine(FVC)
 
 
Basic features 
Capabilit Max.15t
High-speed production We have actualized high productivity such as
200 strokes per minute by tying up with
equipment markers,using our advanced
technologies,and developing our exclusive machines.
Productionvolume We manufacture 25 million lock valve spring
retainers in a month.
We boast one of the highest production outputs in Japan.
The number of possession 21 sets

Cutting& Machining

Multi-spindle automatic lathes
 
 
Basic features
Max φ26mm
Features  High-volume processing within 10 seconds of cycle time
The number of possession 26 sets

NC automatic lathes(Bar type/Chukka type)
 
 
Basic features 
Max φ32mm
Features Highly functional and efficient for various machining processes
Highly-accurate secondary processing with special chucks
The number of possession 90 sets

Polishing Process

Centerless grinders
 
Basic features
Max φ80mm
Max 100mm
Basic accuracy
Roundness 0.002mm
Cylindricity 0.002mm
Surface roughness  0.2Ra
High-speed production Top-level speed of through-feed grinding,8m per minute.
Longer dress intervals by our uniquely blended grinding wheels.
The number of possession Through-feed 27 sets
In feeding 36 sets

Double-ended grinders
 
Basic features
Max φ150mm
Thickness 1mm or mor
Basic accuracy
Parallelism 0.01mm 
Flatness 0.01mm
High-speed production Top-level speed processing,5m per minute
The number of possession 19 sets

Barrel grinders
  
Basic features
Kind Vortex,Oscillation,Rotary,Centrifugal
Basic accuracy
Surface roughness 0.05Ra
Features We can optimally meet your requirements in any shape and accuracy.
The number of possession 15 sets







お電話でのお問い合せはこちら

052-831-4555